犬が立てない・歩けない・ヘルニア・・・ペットカイロで改善実績多数

テンカン(癲癇)で呼吸困難だったトイプードルがペットカイロで回復!

犬種: トイプードル
愛称: グン
年齢: 15歳
オーナーさん:グンちゃんママ



■ オーナーさんの体験談
新患で飛び込んできたグンちゃんは、呼吸が苦しそうで、チアノーゼを起こしていました。更に熱が40度!

グンちゃんママ
「病院では、発作の原因は脳の異常だと言われました。そして、認知症でありテンカンではないと…。」

落ち着いたかな?と思っても、やっぱりどんな姿勢をとっても何だか辛そう。呼吸が荒いし落ち着かないグンちゃん。

院長
「まったく、カラダ全体が歪みすぎて、オレでもどっから手をつけていいか分からないくらいだよ!前肢も後肢も脱臼してる。カラダが歪んで胃腸も正常な働きをしていない。筋肉がケイレンしてる。薬飲んでおかしくなったのもデカイな。どんだけ薬出されたんだよ。薬なんていらねーからっ!この歳でかわいそうに。こんなに毛艶と皮膚の色が悪くなってよ。しかも脳の異常?!器官が圧迫されて呼吸が浅いし、今の状態テンカンじゃなくて何なんだ!」

熱があった為、施術はカラダ全体を冷やしながら進めていきました。

グンちゃんママ
「カラダが歪んで落ち着かないからだったのかな?夜寝てもすぐ起きるんです。いつも落ち着かないんですよね。それで、私もその度に起きるんです。」

院長
「今日は良く寝れるからな。グンちゃんもお母さんも。」

カラダ全体を矯正し、気道を確保。呼吸が安定して、スヤスヤ眠ってしまいました。

グンちゃんママ
「この子がこんなにグッスリ眠るのはいつぶりだろう!いつもなら、寝ている時に少しでも触れたら直ぐに起きて、ずっと落ち着きなく吠えるのに。」

あんまりグッスリ眠っているので、起こして帰るのがかわいそうなくらい。呼吸も楽そう~熱もだいぶ下がりました!

翌日も、施術に来たグンちゃん。初日来院時とは比べものにならない程の落ち着き様!グンちゃんママによると、帰宅してからも良く寝たそうです。そして楽に呼吸が出来ているとのことです。


■ ペットカイロ体験談一覧はこちら>>







※施術の結果や感想には個人差があります。

↑ PAGE TOP